ホームとりあえず≫お米の雑学

 

お米の雑学   100 / 7件中 ( 1 〜 7 )    1      【登録】 (制限あり)
▼ 最初に登録されたトピックス
お米の雑学ねっとまがじん 2010/09/16 10:41:43

お米の雑学
関連:
 http://www.city47.com/shop/kome-a-gohan-narumade.htm 

▲ 最初に登録されたトピックス

 

7. 米10kgの袋には何粒入っている? ねっとまがじん 2010/10/14 13:15:00

2010-04-21 シルシルミシル お米10kgには何粒?

    「お米10kgは、53万8448粒です」

ご苦労さんです。(^.^)
あくまでも、シルシルミシルでの調査での事例です。

6. ミルキークイーンって何?ねっとまがじん  2010/09/16 10:53:30

□ミルキークイーンって?
コシヒカリともち米との交配でできたお米で、農林省のスーパーライス計画の中でMNU(メチルニトロソウリア)処理に依る変異から生成された低アミロース米です。
その栽培方法は難しく、収量も上がりません。そのため価格も高くなりがちです。

□ミルキークイーンの特徴
 ・コシヒカリに比べ粒型・粒大はやや小さい。
 ・コシヒカリに比べ柔らかい、粘りがある、光沢や味が良い。
 ・冷めても硬くならず光沢が良い。(おにぎり・炊き込みご飯等に向く)

□ミルキークイーンの炊き方
・いつものように炊いてください。(ただし水は1割程少なめです)
・いつも食べているお米に3割程混ぜて炊いてください。

□ミルキークイーンの命名
見た目が乳白色に見えことから、「色白(いろじろ)のお姫様」のよう!と命名されたそうです。

□ミルキークイーンの好き嫌い
・コシヒカリに比べ粘りがあります。ピラフが好きな方には向かないかも知れません。
・いつも食べているお米に混ぜて炊いていただくと味がいつもと違った味と食感が楽しめます。(混ぜ具合はお好みに応じて1〜3割程)

5. お米は農家直購入に限るねっとまがじん  2010/09/16 10:51:52

お店などに並んでいるお米は、生産者表示を除き、ほとんどの場合はブレンド米です。

     ブレンドが全て悪いとは言い切れない。けど・・・

本来、ブレンドはお米の味をより良く引き出そうとしているもので、主米に足りないものを他銘柄で補ってやる目的で行われるもの。

困ったのは、値段を抑える目的で安いお米を混ぜで販売するというもの。毎年ニュースで見かけるのはこの手です。

困ったものにもう1つ。米袋は有名銘柄で、中身は全くの別ものというパターン。こうなるとなにを信じていいのやらという状態だ。

一番良いのは、自分に合ったお米を、生産者より直に購入するしかなさそうだ。

4. お米の等級検査についてねっとまがじん  2010/09/16 10:49:43

お米の検査の流れは大まか以下の通りです。
1.サンプルを取り出します
 取ったサンプルを黒いトレーに入れます。よくTVなんかで見かけるシーンです。
2.見極めます
 水分含有量、色・つや・形などを見極めます。
3.等級の決定
 等級印と検査印などを押印します。
※誰にでも検査できるわけではありません。

   ちょっと待った! これだけ?・・・(・_・)

感の良い人はお判りかと思いますが、その他の検査は行っていないのがほとんどのようです。農薬の使用の有無(含有量)や食味値(アミロース、タンパク質、水分、脂肪の酸化度)などの検査は行っていないようです。

一番大事な見極めは人間の長年の感に任せられているのが実情。しかしあくまでも見た目のチェックです。見た目だけでは、あたりまえのことですが、お米の中まではチェックできません。これで、検査と言えるのか正直、疑問を感じてしまうところです。つやがよく、粒がそろっていて形がよければ1等米。なんだかな〜と思ってしまいます。私には「検査」という語に、理解に苦しみます。

しかしご安心あれ。最近では、民間の検査機関の普及に伴ない、農家さん独自に民間検査機関に依頼し、チェックするのが増えています。

お米の消費量が年々減ってきているとはいえ、やはりお米は日本人の主食。そのお米購入の目安に、「どんな検査をしているのか」を1つ加えてみてはいかがでしょうか?

3. コシヒカリBLって?ねっとまがじん  2010/09/16 10:46:53

コシヒカリBL( Blast resistance Lines :ブラスト レジスタンス ラインズ:いもち病抵抗性系統 )は、従来のコシヒカリに、いもち病に強い性質を備えさせたコシヒカリです。

食味や収穫量などは従来のコシヒカリと変わらないそうで、減農薬栽培が出来るうえDNA鑑定により新潟県産か他県産かを判別出来るようになるそうで、2005年(平成17年)より作付けが開始。(農協経由でお米を出荷している農家さんは大部分コシヒカリBLを作付けするようです)

コシヒカリは、いもち病という稲の病気に非常に弱い品種です。

いもち病はカビの一種で、温度と湿度の割合によって発生するやっかいなものです。このコシヒカリの弱点(いもち病に弱い)対策として、昭和61年から技術研究されてきたようです。この技術研究は、遺伝子組替えではなく、従来から用いられている連続戻し交配方という方法です。

連続戻し交配とは、最初に他品種(いもち病に強い)と1回交配させ抵抗性遺伝子を備えさせ、さらに5、6回交配させる方法。だから、長い期間を要するんですね。

2. コシヒカリ誕生ねっとまがじん  2010/09/16 10:45:42

コシヒカリは、新潟県農業試験場で、昭和19年に農林1号を父に農林22号を母に交配され誕生しました。

その後、福井農業試験場へ分譲され、越南17号という系統が出来上がりました。丈が長く、イモチ病に弱い欠点があり、美味いが作りづらいというものだったようで、当時はあまり普及せず、種子倉庫に眠っていたそうです。

その後、量より味を求める時代に変化したことで、「作りにくいが品質と食味が極めて良い」ことから、新潟県が昭和31年に、全国に先駆けて奨励品種に指定しました。「越の国に光り輝く」という願いをこめて「コシヒカリ」と命名されました。しかし、本格的に脚光を浴びるようになったのは、昭和50年代に入ってからです。

1. お米がご飯になるまでねっとまがじん  2010/09/16 10:44:41

1.もみ(籾) 田んぼから収穫後の状態です。
2.玄米(もみがらを取る)
籾をとった段階で、色は茶色です。お米の全ての栄養素を含んでいますが味は白米に比べると劣ります。そこで、この玄米を精米します
3.精白米(玄米の表面を削ります)
玄米を精米(玄米の表面を削って白くなったもの)してできるのが白米です。普段食べているのがこの状態の白いお米です。ぬか層や胚芽を除いて胚乳だけになったものです。


ちょっとだけ知っておきましょう
!お米は最初から白くない。
!玄米は栄養の宝庫。ビタミンB郡、E郡、ミネラルを豊富に含んでいます。
!精米(玄米の表面を削って白くなったもの)して白くなる。精米にも、3分づき、5分づき、7分づきとあり、普段食べている白米となります。

 

お米の雑学   100 / 7件中 ( 1 〜 7 )    1      【登録】 (制限あり)

 


ホーム