ホーム妄想ANNアダルト談義 もしも監督だったら…『蚊になった男』≫蚊になった男-7 動き出す長崎教授(福山雅治) 第2章

2018年05月21日 12時40分01秒
ペケおやじ
蚊になった男-7 動き出す長崎教授(福山雅治) 第2章

 

 

■蚊になった男-7 動き出す長崎教授(福山雅治) 第2章
(ヘトヘトになりながら、蚊になった壮口は、結婚したばかりの長崎教授のところへ飛んできた…)

ブーン! ブ…ン…。。キョウジュ! タイヘンデス!

壮口は教授の前で倒れた・・・。

摘み上げると、しばし眺める教授。

ジ・ツ・に・オモシロイ!。
(驚きはしない。その生物に興味津々だ)

キョウジュ! 壮口desu! ブーン! 水をクダサイ。
(水を飲んだ壮口は不味いと感じた…)

そして目撃が相次ぐ蚊男の事、自分が蚊になった経緯を話した。
(カクカク・シカジカ…マルマルサンカク・シカクdeブーン…)

ジ・ツ・に・オモシロイ!・・・。(目が光る教授)

そう言うと、もっと情報を集めろと壮口に命じ、出かける支度を始める教授・・・。

教授! どちらへ・・・。
(早速、動いてくれると思った壮口・・・)

ボヵァ〜新婚なんだ・・・。家に帰るに決まってるだろ〜・・・。


果たして、どうなってしまうのか〜!・・・。


≫福山雅治(ふくやま まさはる)長崎県出身 
・中学の修学旅行でアレを大きく見せようと、風呂に入る前に軽く揉んで膨らませてから入ったという。
・高校卒業後、地元で働くが上京。
・ピザ屋でアルバイト。標準語のつもりでいたが、あだ名は「長崎くん」。
・デビュー時のキャッチフレーズは、「イナカモンばい」。
・最初にブレイクしたのは熊本のデパート鶴屋百貨店。
・GSの店員からTENGAを貰ったことがある。「 敷居が低いんだよ俺はっ! 」

 

 

 

 

注意≫最初に登録されたトピックス(1件目)を削除すると管理フォルダも削除されます。
▼上記記事を削除したいとき。
 会員No(必須)
 パスワード(必須)

 

 

 

ホーム