ホーム妄想ANNアダルト談義 もしも監督だったら…『蚊になった男』≫蚊になった男-13 人間に戻った壮口 第3章

2018年05月21日 12時50分18秒
ペケおやじ
蚊になった男-13 人間に戻った壮口 第3章

 

 

■蚊になった男-13 人間に戻った壮口 第3章

お婆さん、、ごめんなさい。ごめんなさい。

(壮口は何度も何度も、
    みかん箱に頭を下げた)

わしゃー・・・そうゆう意味で話したんじゃないんじゃよ。

誰かと話しをしたかっただけじゃ。

男が、そう簡単に頭を下げるもんじゃなかよ。

ほれ、頭を上げんしゃい。
(壮口のオデコは血で滲んでいた)


婆さんの枯れはてた目から涙が溢れ、壮口の上に落ちた・・・。

(次の瞬間! 壮口は人間に戻った)
(壮口は婆さんに抱きついた)

痛いっ! 痛いがね〜! これ、離しんしゃい・・・。

わしゃー、何も判らんだて・・・。

どうして蚊になるのか? どうしたら元に戻れるのか?

(そのとき、外から声がした)

壮口くん・・・。



 

 

 

 

注意≫最初に登録されたトピックス(1件目)を削除すると管理フォルダも削除されます。
▼上記記事を削除したいとき。
 会員No(必須)
 パスワード(必須)

 

 

 

ホーム