ホーム妄想ANNアダルト談義 もしも監督だったら…『サワれナイ男…』≫サワれない男…5.

2018年05月20日 17時26分06秒
ペケおやじ
サワれない男…5.

 

 

■サワれない男…5.

それから数日後…。。
夕陽がさし込む電車にひとりの男が乗っていた…。
検察官の男だった…。
あの検証以来、一度は電車に乗ってみようと考えていたのだ。

車内は学校帰りの高校生で混んでいる。
最近の女子高生のスカートは短いものだと思う…。
だが、彼もまた女子高生の制服姿には興味がなかった…。
女子高生の集団を避け、自然とタイトスカートを履いた女性の近くに立つ…。

一駅、二駅、…除々に車内は混んでイク…。
しだいに体の一部が女性に接するほどになった…。
ほのかに香る女性の香り…。
得も知れぬ感情が彼の体を突き抜け、右手が震え出した…。

脂汗が滲む額…。
そして、右手がタイトスカートを履いた女性の体に…。

そのとき! 手首を握られた…。
(人生終わったと思った…)


つづく。。

 

 

 

 

注意≫最初に登録されたトピックス(1件目)を削除すると管理フォルダも削除されます。
▼上記記事を削除したいとき。
 会員No(必須)
 パスワード(必須)

 

 

 

ホーム