ホーム妄想≫ANNアダルト談義 もしも監督だったら…『サワれナイ男…』

 

ANNアダルト談義 もしも監督だったら…『サワれナイ男…』   100 / 9件中 ( 1 〜 9 )    1      トピックスの登録 (制限あり)
▼ 最初に登録されたトピックス
ANNアダルト談義 もしも監督だったら…『サワれナイ男…』(ペケおやじ) 2014/02/05 22:47:56

ANNメンバーによるアダルト談義…。

そこから生まれた作品である…。

岡村の作品。。。『痴漢男。さわりたいけどサワれナイ男…』

■関連
・妄想≫ANNメンバーによるアダルト談義
 http://n2.sppd.ne.jp/awg2/v-vos/fidol2-140205213647/index.htm

▲ 最初に登録されたトピックス

 

9. サワれない男…7.(完) (ペケおやじ)  2018/05/20 17:27:50

■サワれない男…7.(完)

男>やはりアレですか? 女子高生・に・は・興味…ナ・イ・
ですか?…。
検察>えっ、ぁーはぃ…。(なぜか素直に言えた…)

検察>OLさんの…あんな感情… …初めてです…。

男>ぃーんです。ぃーんです。
僕も苦労しました。今でも苦労してますぅけど。
やがて、それが、カ・イ・カ・ン・というんですかねぇー…。

サワリタイという欲望よりも、
その衝動を抑えるカイカンの方が勝ってます。

男>彼女が出来たら、彼女をサワりまくりますからぁー
…。。v(*^_^*)v
検察>それは、、、ひょっとして…。。
あっいや…私もなれますかねぇ---。。

男>なれます。なれます。。何事も修行ですぅー…。。

男>早速、修行1本イッときますかっ…。
:
(そういうと、2人で次の電車に乗った…)


(こうして、またひとり…
さわりたいけどサワれない男になってイッた…)




おわり。。

8. サワれない男…6. (ペケおやじ)  2018/05/20 17:26:58

■サワれない男…6.


手首を握ったのは、痴漢容疑で無罪となった男だった…。

男>黙って、ゆっくりと首を左右に振る…。
そして次の駅で降りようと小声で言う。

検察>そんなつもりじゃー…。魔が…(男が遮る…)

男>判ります。判ります、、、
ですがサワってはイケません。
サワッたら負けです…。自分の彼女以外には…。

しばし…沈黙…。。。
(我を取り戻した検察官、
「なぜ男がここに居るんだろう…と、見る…)

男>あっ私ですか?…ちゃぃますよ。
社用で帰社するところですから…。

検察>あっ”私、今日は休みでして…。
と、同時に発する…。
自然と笑いがこみ上げてきた…。


つづく。。

7. サワれない男…5. (ペケおやじ)  2018/05/20 17:26:06

■サワれない男…5.

それから数日後…。。
夕陽がさし込む電車にひとりの男が乗っていた…。
検察官の男だった…。
あの検証以来、一度は電車に乗ってみようと考えていたのだ。

車内は学校帰りの高校生で混んでいる。
最近の女子高生のスカートは短いものだと思う…。
だが、彼もまた女子高生の制服姿には興味がなかった…。
女子高生の集団を避け、自然とタイトスカートを履いた女性の近くに立つ…。

一駅、二駅、…除々に車内は混んでイク…。
しだいに体の一部が女性に接するほどになった…。
ほのかに香る女性の香り…。
得も知れぬ感情が彼の体を突き抜け、右手が震え出した…。

脂汗が滲む額…。
そして、右手がタイトスカートを履いた女性の体に…。

そのとき! 手首を握られた…。
(人生終わったと思った…)


つづく。。

6. サワれない男…4. (ペケおやじ)  2018/05/20 17:25:04

■サワれない男…4.

:
再開… 検証を行なうこととなった…。
セットが組まれた。
(関係者の服装も当日のまま再現)

男の代わりを検察官が担当。
検察官は女性の左斜め後方に立つ。

右手を下げ、当日と同じ状況にする。

体が接する程の、ほんのわづかな距離に
黒髪で白ブラウスに紺のタイトスカート姿の女性がいる…。

微かに香る女性の香り…。

検察官の心臓の鼓動がわづかに早くなった…。
検察官にとっては初めてのことだった・・・。
額から汗がじわーとにじみ右手が震えた…。
得も知れぬ感情が体を突き抜けた…。
彼にとって生まれて初めての感情だった…。

検察官は回りに悟られまいと必至だった…。

それでは始めてください…。
検察官は我にかえった…。

検証終了…( ココはトントンとイキます… )

そして判決。。。男は無罪となった…。

このとき、傍聴席にタイトスカートを履いた黒髪の女性がいたことを男は知らない…。



つづく。。

5. サワれない男…3. ( 只今、休廷中! 傍聴のすすめ ) (ペケおやじ)  2018/05/20 17:23:52

■サワれない男…3. ( 只今、休廷中! 傍聴のすすめ )

一度社会勉強がてらに裁判所へ行ったことがR。
裁判員制度が始まる前だ…。
ドラマなんかでみるようなモノではなかった…。
検察官と若い裁判官の言葉使いに驚いた。
罵声を浴びせるという言葉があるが、それに近いものを感じた
ほどだ…。
傍聴したことがないという、ソコの貴方!
社会勉強と思って一度傍聴することを薦める…。v(*^_^*)v

つづく。。

4. サワれない男…2. (ペケおやじ)  2018/05/20 17:22:34

■サワれない男…2.


僕はサワってましぇん!。

法廷に響く男の空しい声…。
信じる者はひとりもいない…。
弁護士ですら疑っている…。

検察が責める…。

君ねぇー、みーんな捕まった奴はそう言うんだ。
素直に認めた方が君のためだ!。

男>……僕は、好きでもない女性をサワったりしましぇんっ!

検察>ふっ…(不敵な笑み…)。
だけどねー君…、
君の手が震えてたという目撃談がRんだよ…。

男>…それは…。。。

検察>だ・か・らっ! 素直に認めなさいっ!



。。。応戦が続いた…。。。

(男は自分の性癖を告白した…)

男>だから、僕はサワりたいと思うけど、
サワったことなど、
一度もありましぇんっ!

検察>君ぃーっ!…そんな子供じみた事が通用するとでも
思っとるのかーっ!
(この検察官、標準語を無理に喋ろうとするところもR…)

男>そんなら検証して下さいよ。。検証をっ!…。
(弁護士は依然無言のままだ…。
弁護する気がないのか?…)


:(ぽんぽこ山の狸さん… =0= …いったん休廷します…)


つづく。。

3. サワれない男…1. (ペケおやじ)  2018/05/20 17:19:46

■サワれない男…1.

電車にひとりの男が乗っている…。。

この男、大の制服好きだ。。
セーラー服には一切興味がない!。
興味がRのはOLの制服姿だ!

就職先も女性が多そうという理由だけで選んだ…。

通勤電車にお気に入りの女性がいる。

タイトスカートを履き姿勢よく立っている。
気品漂う長髪の清楚感ある女性。
どこか寂しげでもある…。

(彼女の職場は、男の職場と同じビルにある)
(そのことを彼女は知らない…)

彼女の隣に立つのが男の定位置…。
誰にも彼女を触らせない!

彼女を痴漢から守っているのだ。

あーっ”(彼女を)サワりたい…。

肘から指先までが震えるのを必至で抑える
日々が続く…。

その欲望を抑えることを楽しんでいたのだ。

それが男の性癖…。


だが、この日は違った…。

やけに混み、太めの女性が割りこんできた。
押された拍子に手の甲が、あろうことか太めの女性
のお尻に触れたのだ。

次の瞬間! この人、痴漢です!
手首を持ち上げられた…。。。

 …痴漢容疑で捕まった…。
(実際はしていない)



つづく。。

2. 発端は… (ペケおやじ)  2014/02/05 23:35:28

発端は、2012年の10月25日、井筒監督がゲストのとき、岡村が、”いつ撮ってくれんの!? ナインティナイン主演の痴漢電車”…が、はじまりだ。。。

1. 痴漢男。さわりたいけどサワれナイ男…【キャスト決定!】 (ペケおやじ)  2014/02/05 23:30:08

■岡村、さわりたいけどサワれナイ男…。(電車編)【キャスト決定!】
「「「 サワッたら負け!ソノ欲望を越えれば至極の快感が魔っている! 」」」
監督:岡村、他スタッフはメンバーが兼任。
・男(主演) …岡村(監督兼任)。
・検察官 …矢部。。彼もまた、さわりたいけどサワれナイ男になってイク。
・女性(タイトスカート) …映像化会見で発表。。
・太めの女性 …久保。。早とちりで男を痴漢で捕まえた、痴漢されたい願望の女。
・弁護士 …後藤、キリ。。彼らもまたサワれナイ男になってイク。
・裁判官 …春日。。彼もまたサワれナイ男になってイク。
・裁判官(右) …福山。。彼もまたサワれナイ男になってイク。
・裁判官(左) …荘口。。彼もまたサワれナイ男になってイク。
・電車乗客・他 …メンバーが変装で出演。。(女装もあり。なにせ低予算…)女子高生役をAKBに出演打診交渉…。
・駅員 …大谷。。彼もまたサワれナイ男になってイク。
・太めの女性の友達 …能町。。太めの女性の唯一の理解者。
・電車のアナウンス効果音 …GBメンバー。

(( 果たして、映像化になるのか!?… 分かりましぇん!… ))

 

ANNアダルト談義 もしも監督だったら…『サワれナイ男…』   100 / 9件中 ( 1 〜 9 )    1      トピックスの登録 (制限あり)

 


ホーム